スチール窓のガラス修理

か~くん

工場などでたまに見かけるこういったスチール窓。
スチール窓ガラス修理


昨日はそんな窓のガラスを修理に行ってきました。

こういう窓はたいていガラスの縁にパテを塗って施工してあるのですが、今の窓のようにクッションとなるようなビードがないので結構割れやすいし、パテの水分でワイヤーが錆びたりしてそこから亀裂が入ったりするんですよね。

そして、ガラス修理の中でもこういうパテ施工のスチール窓っていうのが実は一番大変なんです

パテがカチコチになっててボロボロ取れてくれるならまだいいのですが、中にはまだ柔らかさが残ったものあって、そうなるとパテの撤去に何時間もかかることも・・・。
しかもパテをハツる(撤去する)のにガンガン叩いてると、その衝撃で隣のガラスも割れたりとかっていうのもたまに…。


ちなみに今回はそこそこカチコチだったので1時間弱ぐらいで撤去できました
スチール窓ガラス修理 スチール窓ガラス修理


それでも結構な時間がかかるでしょ?

そして新しいガラスを入れて、今回はコーキングで施工しました。
このほうが多少弾力もあるので割れにくいかもしれませんね。
スチール窓ガラス修理 スチール窓ガラス修理



もう今ではパテを扱える職人さんもほとんどいないんじゃないでしょうかね?
もちろん僕もできませんけどね


ランキング参加中で~す
にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply