タイトリスト909Hをリシャフト

か~くん

とりあえずリシャフト作戦の第一弾として、まずはこのクラブを改造してみました。

タイトリスト909H
タイトリスト909H 21度

元々のスペックとしては長さ40インチ、重量381g、バランス D3。
そしてシャフトがタイトリスト プロトタイプ9(ランバックス9E05)という先中調子のもの。

こいつはロングホールのセカンドで結構使うのですが、このシャフトが曲者で、以前スイングテンポが早めの時は結構打ちやすくてよかったんですが、最近少しゆったり気味に振るようにしてからとにかく左へ行くミスが増えてきました。
どうもシャフトが軽硬く感じるようで、それが原因でそんなミスが出ていたのではないかって感じてました。




で、リシャフトするにあたってスチールシャフトとかUT用のシャフトとか色々悩んだのですが、スチールだと重くなりすぎるしあんまり面白くない?
UT用だと値段が結構高い・・・。縞々デザインのメーカーだと1万円後半とかするし・・・。



値段が手ごろなカーボンで何かいいのはないかな~と探してみた結果、今回チョイスしたのがこれ。









ATTASアイアン9S
USTmamiya ATTASアイアン 9S



ATTASのアイアン用シャフトで、重さが90g台の3番アイアン用。
ちなみにアイアン用なんでチップ径が355なんですが、909HはOKでした。

最初はUT用のアッタスHYにしようかどうしようか迷ったんですが、そっちも先中調子だったので同じ結果になったら嫌だなと思いこっちに決めました。

ちなみに出来上がりのスペックはこんな感じ。見えるかな?
ATTASアイアン9S

長さとバランスはそのままで、重量が+10g、振動数も少しだけアップ。

そして今日、雨の中早速練習場で打ってきたのですが、なんとまあいきなり1球目から完璧なショット
シャフトも結構まったりとしたしなりを感じて、アイアンとのつながりもよさそうな感じ。
挙動としては軽いS400を振ってるみたいな感じですね。ボワーン系?
9Sでの感想ですが、DG使ってる人だったらこれはかなりいいかも


その後も左へ行くのはよっぽど下から入ったような自分が悪いスイングをしたときだけで、それ以外はほんと安心して打てるようになりました。
ティーアップしても打ちやすいし、これはリシャフトして正解だったかも
24度のほうも同じの挿して使いたくなっちゃいましたよw。



あとはコースでどういう結果になるかが大事ですが、それはまたいずれ報告いたします。




いやあ、それにしても久しぶりに打ちすぎてしまった


ATTASアイアン、マジおすすめですよ!



ランキング参加中で~す
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゴルフブログ シングルプレイヤーへ

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
りょう  

うん。
アイアン型UTに使用アイアンより若干軽いカーボンシャフトというのはマッチングが良さそうですね~♪
私もアッタスブランドは気がつかなかったです!

ぜひ、コースでの感想も教えてください!

2011/11/06 (Sun) 09:47 | EDIT | REPLY |   
か~くん  
Re: りょうさん

了解です!
良くても悪くてもお伝えしますのでお楽しみにw。

2011/11/06 (Sun) 21:31 | EDIT | REPLY |   
papa  

この調子で行くと全てATTASに変わりそうですね(^^)

2011/11/07 (Mon) 11:48 | EDIT | REPLY |   
か~くん  
Re: パパさん

(ー) フフフ・・・するどいw

2011/11/07 (Mon) 13:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply