アンプレアブルの処置

か~くん

アンプレアブルの処置って、実際そんなに出くわす機会がないのかあまりよく理解されていない方もいるようです。

先日の月例で実際にあった事例なのですが、まずはこちらの図を。

14番ミドル



ホームコースの14番ミドルなんですが、同伴者の方がティーショットをミスして右サイドにある斜面のほうへ行きました。
ここは結構急な凸凹の斜面でラフも深く、さらにはOB杭も立っています。
一応特設ティーからのプレーになるので暫定球は打たずにボールを捜しに行くとなんとかセーフでした。

で、前述したような場所でしたのでその方はアンプレアブルの宣言をしたのですが、その場合の選択肢は基本的に3つあります。

1.ホールに近づかず、ボールのある地点から2クラブレングス内にドロップ。

2.ホールとボールを結んだ後方線上にドロップ。

3.元の地点(元あったと思われる場所)から再プレー。


で、1はまだ斜面上になってしまうので却下。
2は後方線上がひたすら斜面かOB区域になるので却下。

ということで3の元の地点を選択されたのですが、さてここである疑問が。



元の地点がティーショットである場合、どういう状態でプレーすればいいのかと聞かれたので、僕が

「ティーアップしてくださいね」

と言うと、

「3打目なのにティーアップしても大丈夫なの?」

と、かなり疑問を持たれたようで、次にティーグランドに上がって来た組の人たちとも何度も確認を取りながらティーアップして3打目を打たれていました。


ちなみに元の場所がティーグラウンドであった場合は再度ティーアップすることが可能なんですが、そういう細かいところまではなかなか理解しにくいですよね。

アンプレアブルというのは(※ボールが確認できれば)どんな状況で使っても構わないルールだし、前進4打のホールの場合はこういうことが起こりうるので覚えておいたほうがいいかもしれませんね。
※【補足】ただし、ウォーターハザード内のボールと、木の上などに止まって自分のボールかどうかを確認できない場合を除く!

ちなみにアンプレアブルは1罰打で、
1に関してはボールの位置から2クラブレングス以内(打てる場所からではない!)
2に関してはどこまで下がってもOK。
3に関してはティーショットの場合ティーアップ可能、グリーンの場合はプレースで、いずれもドロップではない。
それから、拾い上げたボールは拭いても取り替えてもOK。
バンカー内でアンプレアブルする場合、元の場所に戻る場合を除いて必ずバンカー内にドロップしなければなりません。

それから今回のようなケースで暫定球を打てた場合を考えてみると、アンプレヤブルを見越しての暫定球は打てませんが、今回はOBもしくはロストボールかもしれないので暫定球は打てます。
ただし、暫定球は元の球を見つけてしまった場合放棄しなければなりませんので、もしも今回のようなケースで暫定球がフェアウェイセンターにある場合なんかはわざとボールを見つけなきゃいいみたいで、特に探す義務もないみたいですね。
マナー的にはちょっと・・・な感じですが、ルール上は問題ないようですw。僕ならボールがもったいないので必死で探しますが・・・w


しかしまあ今回はたまたま知ってた事例だったからよかったものの、ほんとゴルフのルールってややこしいですよねぇ・・・
特に1罰打なのか2罰打なのかっていうのが一番ややこしいですよね。
ちなみに「●打罰」じゃなくて「●罰打」が正しい言い方なんですよ

ルールを知っておくと意外と得になることも多いし、プレーの進行上とても大事なことなので、これからもちゃんと勉強しておこうと思います


★楽天でもゴルフルールに関する本がたくさん売られています★


ランキング参加中で~す
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゴルフブログ シングルプレイヤーへ



関連記事

Comments 6

There are no comments yet.
りょう  

そうなんですよね~。
ゴルフのルールってどうしてこんなに複雑で理解しにくいんでしょうね。
私も覚えていないものがたくさんあります。

ちなみに今回か~くんさんが記載されたこの部分↓

>バンカー内でアンプレアブルする場合、元の場所に戻る場合を除いて必ずバンカー内にドロップしなければなりません。

この場合も元の位置に戻れるんですね!
これは知っているといい流れを作れるかもって思いました。(バンカー内のドロップは目玉になるので)

2011/07/28 (Thu) 06:26 | EDIT | REPLY |   
か~くん  
Re: りょうさん

バンカーでも元の位置に戻れるっていうのは意外と盲点なんですが、その前のショットが250yとか300y戻らないといけないってことになったりすると、プレーの遅延になったりすることもあるのでなかなか選択しづらいところもありますね。
そういうときのためにドロップのテクニックを身につけるのも大事かなって思います。

2011/07/28 (Thu) 08:36 | EDIT | REPLY |   
papa  

ドロップポイントの違いで、物凄く~~有利な事もありますからね(^^)

2011/07/28 (Thu) 11:39 | EDIT | REPLY |   
か~くん  
Re:パパさん

そうそう。
ドロップの場合も自分でライを決められる行為だから、少しでもいいところを選びたいですよね。

2011/07/28 (Thu) 12:49 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/02/26 (Tue) 09:24 | EDIT | REPLY |   
か~くん  
Re:匿名さん

3の「グリーン」はスルーザグリーンではなく「グリーン上」のことです。
例えばグリーンからパットした球がバンカーへ入り、とても1打では出せそうにない場合アンプレアブルを宣言して、元の位置にドロップではなくプレースしてプレー再開という意味ですv-411

2013/02/26 (Tue) 11:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply