黄金の鏡

か~くん

先日またまたホームページから手鏡修理の依頼をいただきました。

使っているうちに自然に割れてしまったとのことですが、送られてきたのがこちらの手鏡。
手鏡修理


な、なんですか。

この黄金の鏡は


裏側は・・・
手鏡修理

まぶしすぎるぅ~!



そして大きさは・・・

手鏡修理

はい。こんなにかわいい手鏡でした

でも豪華な革ケース入りで、この大きさでもズッシリと手応えを感じるほどでした。
見ただけでもまさに高そうな雰囲気。いや、間違いなく高いっすねこれは。
もしかして純金の手鏡だったりして・・・?


それでは早速修理しま~す。

まずは割れた鏡を取り除いて・・・。金を削り取ってしまわないよう細心の注意を・・・w
手鏡修理

おおおぉぉぉ、中もピッカピカでした
手鏡修理

さてここで割れた原因らしきものが判明
使用されていた鏡は厚みが1mm程度のとても薄いもので、破片をノギスで測ってみるとなんと0.8mmしかありませんでした!
手鏡修理

そうなるとやはり強度的にかなり弱くなっちゃいますし、ましてや面取りした部分は0.5mm程度の厚みになっているでしょうからほんの少しの衝撃でも割れてしまう可能性がありますね。
で、通常ガラス店に流通しているのは2mm以上のものですから今回は了承を得てそちらで入れ替えさせていただきました。
厚みがある分少し多めに面取りをして貼り付けし修理完了。
手鏡修理

S様この度はどうもありがとうございました
とっても素敵な鏡、これからも大事にしてくださいね。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply