浴室手すり取り付け

か~くん

同じような仕事というのは案外続くもので、今日は浴室の手すりを取り付けに行ってきました。
浴室手すり取り付け  浴室手すり取り付け

浴槽が深いタイプのものだったり、高さがある場合、浴槽に入る行為が大変な場合があります。
そういった場合、滑ってお風呂で転倒すると大怪我をすることも。
逆に浴槽から出る時もつかまる物があったほうが楽になります。

ということで、こちらのお風呂へ手すりを付けさせていただきました。

浴室手すり取り付け  浴室手すり取り付け

浴槽への出入りがしやすいように縦横2本。
それとシャワーの後、立ち上がりやすいように縦に1本。
計3本取り付けました。

これで安心ですね。
M様どうもありがとうございました。


浴室での安全を考えた場合、手すりを取り付けるほかに、入口のドアのガラスをアクリル板に替えたりすることが考えられますね。
あとは、冬場なんかはヒートショック現象を防ぐために、浴室に暖房を付けたり、窓がある場合は真空ガラススペーシアを使用して浴室の断熱効果を高めるといった方法があるので覚えておいてください。その場合は結露防止というよりも、お風呂の温度を下げにくくする効果を重視した使い方になります。

とにかく浴室での怪我は大怪我になることが多いのでくれぐれも気をつけてくださいね

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply