手鏡修理

か~くん

先日ホームページから手鏡修理の依頼をいただきました。

いつも言うように手鏡の修理の場合、遠方からですと修理代と送料で意外と高くなることがあるので、事前にお客様と何度か連絡をやり取りして、買い替えのほうが安くなるような場合はそちらをおすすめしています。
これはめんどくさいって意味ではなく、自分の場合だったら購入費より修理代のほうが高くなるのは嫌だなと思うからですね。

ただし今回の場合、お母様の形見の品でどうしても修理したいということでしたので、そういうことなら何としても直してあげたいという気になりました。
そういう「物を大事にする心」ってとても大事ですからね


そしてお客様から送られてきた鏡がこちら。
手鏡修理 手鏡修理

アンティーク調のとても素敵な鏡。
しかし一瞬どうやって取り付けてあるの?とたじろぎましたが、5秒後に謎は解けました


手鏡修理
ズボっと抜けました。

ちなみにこういうパーツで構成されてるんですね。
手鏡修理


今回は鏡に面取り加工なしということでしたが、そのままだとフレームの厚みに入らないので少しだけ面を取りました。
手鏡修理


あとは同じように組み立てれば完成です
手鏡修理

届いたその日に修理して配送することができました

これでまた何年も使っていただけますね。
そしてまた次の世代へと受け継がれて行くのでしょうかね?
その時に「昔、奈良のガラス屋さんが修理してくれたんだよ」なんて伝えてくださるとうれしかったりします…w



F様この度はどうもありがとうございました。
これからも大事に使ってくださいね。
もしまた割れた時も修理させていただきますのでご安心を


関連記事

Comments 1

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/10 (Sun) 11:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply