利き目によってアドレスの入り方に気を付けてみよう!

か~くん

最近ちょっと調子が悪く・・・いや、普段通りに戻ってきたので一度基本に立ち返ってアドレスの入り方からチェックしてみました。
今までの動画をご覧いただいてわかるとおり、普段僕はグリップを決めてから、もしくは右手からアドレスに入ります。


ちなみに僕の利き目は右目で野球は左打ちなんですが、野球の場合、構えてても違和感がないし、体も開かずすごく球を呼び込んでから打てる感覚があるんです。
それが野球でも右で構えると、どうしても右目で見たいので顔がピッチャー方向に向いてしまうし、それに釣られて体もピッチャーのほうを向いちゃうんですよね。
まあわかりやすくいえば、元ヤクルトの八重樫みたいな感じです(って余計わかりにくい?w)
で、ゴルフの場合だと普通はそうやって構えがオープンになりやすいのですが、自分はその癖がわかってるので逆にたまに右向いちゃうんですよ。


さらに利き目が右だとフェースもすごくオープンに構えてしまう癖があって、人にチェックしてもらってスクエアにセットするとめちゃくちゃ被って見えるんです。
それともう一つ、顔の向きもアイアンの場合はボールが体のセンターに近いのであんまりそうはならないのですが、ドライバーだとボールが左寄りになるのでそれを右目で見ようとして結構目線も左になっちゃいます。


そういったのもたまーにチェックしてたんですが、最近打ち放題が多くてついついスイングの細かいとこばかりを気にしてしまってました。
なので昨日は一度左手主体でセットアップに入ってみたんですが、こうすると各パーツのスクエア感が狂いにくいですね。
ただ、自分の中ではやっぱりフェースが被って見えたり、ボールをものすごく流し目で見る感覚だったり、アドレスの左手の位置がものすごく左側にあるイメージがあったりでまだまだ違和感がありますが、いい感じの球が打てるように戻ってきたし、そこはこれから何度も練習して無くしていきたいと思います。


やはり調子が悪くなった時ほど基本的な部分をチェックすることが大事ですね



よろしければポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply