ポート抜去手術を受けてきました

か~くん

昨日はポート抜去の手術を受けに行ってきました

ちなみにポートというのはこれ。
ポート抜去手術

僕の場合は左上腕部(利き腕と反対側)に埋め込まれていますが、鎖骨下に埋め込まれている人もいて、抗がん剤や点滴を受けるときはここに針を挿して、そこからカテーテルを伝って心臓に近い血管へ送りやすくできるようにする器具です。
で、入院の時なんかも腕の静脈から点滴を入れるより遥かに楽だし、これからまた何かあった時にまた必要になるという可能性が無くはないですが、いちおう留置してから5年半経ってるし、もうそろそろ要らなくなるかもねということだったので思い切って取ってもらう事にしました。

で、手術自体は日帰りでたぶん15分ぐらいで終わるかなという話を聞いていざ手術室へ。
ポート抜去手術

簡単な手術とはいえ、もちろんちゃんと手術着に着替えて普通の手術室でやります。
久しぶりの手術台に緊張しながら腕に麻酔を打ち手術開始。
最初にポートの器具が外れたのはわかりましたが、そのあとカテーテルを抜く段階になってからどうもグイグイ、グイグイと結構苦労してる感・・・。
そして結構引っ張られてるので多少の痛みもありつつ、また麻酔も足しつつやってるんですが、何かおかしい。

すると、カテーテルの先のほうで何かが引っかかってるらしくてなかなか抜けて来ないとのこと

えっ?ちょっと待って
これ抜けんかったらどうするんやろ?

もしかしてまた他のとこ切って緊急手術になるんかな?

それとも一回閉じて後日再手術?

それとも抜く時に血管損傷して死ぬん?

実はこのポートを入れた次の日に入れなおしの手術を受けるというトラブルがあったんですが、取るときにもまさかこんなトラブル起きるん?

俺って何かトラブル起きるのが当たり前の人生なん?w




とかもう色んなことが頭を駆け巡って焦りましたが、レントゲンでカテーテルの位置を確認しつつ先生が慎重かつ丁寧に時間をかけて抜いて下さいました
先生も、こんなに抜けにくかったの初めてでしたとのことで、結局1時間近く掛かりました。
術後は念のために血管内に何か異常が無いか確認するためにCTも撮り、帰る頃には病院もガラガラの状態でしたw


そして、今回僕の腕から抜けたポートがこちら。
持って帰っても良いよって言われたので記念にもらってきましたw
ポート抜去手術 ポート抜去手術

なんか死んだ魚の目みたいですがw、こんなのが5年半も腕の中に入ってたんですね。

拡大すると、何度も針を刺した痕が見えますね。
ポート抜去手術


入れてる間は何のトラブルも無くほんとうに長いことがんばってくれました。

5年も一心同体だったから名残惜しい気もするけど、やっぱりゴルフするのにちょっと邪魔だからキッパリさよならしようね

でもほんとありがとう!
お疲れ様!


よろしければポチッとお願いしま~す
にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply