退院、そしてちょっと悲しい知らせ

か~くん

おかげさまで昨日無事退院することができました。

今回もまた主治医をはじめ色んな方々にお世話になりました。
どうもありがとうございました。


今回も40本ほどの傷口のホッチキスや糸は残したまま退院で、来週の外来で抜鉤予定です。
さすがに10月末の手術の傷痕とは大きさが違うのでなかなか痛みも引きませんし、四つん這いになったり横になったりした時に横隔膜の傷のせいで息が詰まりそうになるのが地味に辛いですが、まあまたボチボチリハビリしていこうと思います。


で、今回入院中にちょっと悲しい知らせがあったのですが、主治医のH先生から来年3月で病院を変わることになると告げられました。
H先生とは今の病院にかかった時からずっと診てもらっていて、治療方針にしても全て任せてるほど信頼してたし、H先生がいるからこそこれからも何が起きても助けてもらえると思ってました。
それが突然そういう話になったので、自分としてはこれから何を頼りにすればいいのか…みたいな気持ちになって、癌を告げられた時よりショックでした。
でも先生には今回の手術でかなり完治に近づけたかもしれないって初めて言ってもらえたし、知り合いの人にも出会うべき時に出会いもう大丈夫というタイミングで別れるっていうことを言ってもらえた事で、かなり気持ちも楽になりました。

そして、嫁からもいつまでも先生に頼っているわけにはいかないし、ちゃんと治して先生に会わなくても済むようになることが一番の恩返しちゃう?って言われて、たしかにそうだなって納得しました。
とりあえず3月まであと数回の外来しかないですが、それまでは余計な迷惑をかけないようにしっかり体調管理しようと思います😁

関連記事
Posted byか~くん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply