大試打会行ってきました…その2

か~くん

試打会その1はこちら

次におじゃましたのはタイトリスト、コブラのブース。
今回タイトリスト、コブラともに新しいアイアンが出たので興味津々でした。
まずはアダム・スコットが使用しているタイトリストのAP2から。




ちなみにこちらのブースで打ったクラブはすべてDG200のモデルです。

フェース自体は今までタイトリストの流れからはずれてしまった感じはありますが、それほど悪い感じではありません。
ただ少しトップブレードが厚い感じがします。
打感はびっくりするほど良くはないですね。たぶん複合素材のヘッドが原因かも?
若干パキッて感じの硬さがありますね。

次にZシリーズ。





今回は695CBからの流れでショートアイアンはマッスルバック、ミドルアイアンはセミキャビティ、ロングアイアンはフルキャビティになったZ・B(Zブレンド)と、695MBの流れですべてマッスルバックのZ・M(Zマッスル)に分かれています。
695CBと695MBでは695CBのほうがストロングロフトでしたのでコンボで組む場合ロフトあわせが大変でしたが、今回はそういう心配も無さそうですね。
肝心の打感はというと、695の時より少し硬くなったような…感じです。
ただ、フェース長が短いので自分的にはすごく打ちやすいモデルでした。
特にZ・Bのロングアイアンは結構球も上がるので打ちやすいと思います。

続いて試打したのがコブラの新しいアイアンです。
前回のカーボンCBはとても打ちやすいモデルだったので今回のモデルも大変楽しみでした。
今回出たのはセミキャビティのPRO CBとマッスルバックのPRO MB。
こちらの両モデルもフェース長が短めでソール幅もPRO MBのほうは結構狭めになっています。
ネックの長さもMBのほうが長めで重心位置が高く、重心距離も短めになっていると思います。

で、実際打った感想ですがこれがもう最高!
特にPRO MBのほうはかなり欲しくなってしまいました。



打感はタイトリストと同じぐらいなんですが、ソールの抜けが良いというか、スペックが自分にピッタリだったというか、とにかく一番よかったですね。
実際、縦の距離感もほとんど狂いがなく、今日打った中では一番ミスも少なく、というかほとんどなくてイメージどおりの球筋が打てました。
こういうフェース長の短い(重心距離の短い)モデルは若干逃がし気味に振って、自然と軽いフェードがかかってくれるので楽ですね。
変に捕まえに行かなくていいので打ちやすいです。
それとこのモデルはバックフェースのデザインもカッコイイですし、ロト6が当たったとしたら間違いなく買うでしょうね。


今とその前もすべてテーラーメイドのクラブを使っているのでほとんど浮気はしないのですが、久々に別のメーカーのクラブが欲しくなりました。
今回のコブラのアイアンはマジでおすすめです。

その3へ続く…


ついでにポチッとよろしくお願いします
FC2 Blog Ranking






関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply