浴室での怪我にご注意を!

か~くん

今日は浴室のドアのガラス修理に行ってきましたが、どうやらお風呂から上がる際にフラフラっとして転倒してしまい、ガラスにぶつかってしまったそうです

浴室ガラス入替


しかも上がる前ということで血管も膨張していたようで、なかなか出血が止まらず病院へ行くことになってしまったんだとか・・・

恐いですよね・・・


ということで今回は安全なアクリル板での修理をおすすめしてそちらで入替させていただきました。

浴室ガラス入替


見た目もそんなに変わりませんし、なによりぶつかっても怪我をしにくいのでおすすめのリフォームですね。
浴室ガラス入替


I様ありがとうございました。
これからは安心だとはいえ、お気をつけくださいね。





最近の浴室ドアや引戸、中折戸は標準でアクリル板が採用されていますが、昔から使われているものだとやはりまだまだガラスのものが多いです。
お風呂は裸の状態ですので、万が一ガラスにぶつかれば大怪我につながってしまいますから、できるだけ早めにアクリル板へのリフォームをおすすめいたします。

それと最近では脱衣場と浴室の温度差によって血管に急激な負荷がかかって起こるヒートショックという事故も多いらしいです。
そんな時は浴室や脱衣場のガラス交換などで保温状態を良くし、できるだけ温度差がなくなるような対策をしておくのも一つの防止策になると思います。

これから少しずつ暖かくなっていくでしょうけど、今なら省エネ住宅ポイントが付いてお得ですし、そういう対策は早くしすぎて困るものでもないですからね。


ランキング参加中で~す
にほんブログ村 住まいブログ サッシ・ガラス・鏡へ


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply